自律神経症状


◆自律神経ってなに?

【自律神経とは?】

●脳と脊髄から枝分かれして全身に広がる神経

●人の意思と関係なく働く(自分ではコントロールできない)

●主に循環器・消化器・呼吸器などをコントロールをする神経

●呼吸・血圧・体温調節など生命維持に関わる働きをする神経

交感神経副交感神経がある

 

【自律神経の役割】

自律神経は血管や内臓の働きを支配しています。

食事をすると自然に胃腸が動いて食べ物が消化・吸収されるのも、心臓が自然と拍動するのも、呼吸で酸素が肺に自然と取り込まれるのもすべては自律神経の働きが関わっています。

自律神経は、呼吸・脈拍・体温・消化・免疫・ホルモンをはじめ生命維持に関わるあらゆる働きと関連しており、人間の体を構成する約60兆個の細胞すべてを無意識のうちに調整しているとても大事な神経なのです。

 

人間の生命維持に関わる大事な神経!


◆自律神経が乱れるとどうなる?

●睡眠の質が下がる(寝つきが悪い、夜中に目が覚める、夢をよく見る)

●倦怠感 (身体がだるい、無気力、疲れやすい)

●内臓機能の低下 (便秘、下痢など)

●動悸・息切れ (血圧の乱れ、呼吸の乱れ、呼吸が浅い)

●冷え・むくみ (血液循環が悪くなる)

●目・耳などの異常 (目の疲れ、まぶたの痙攣、耳鳴りなど)

食欲不振

うつ病


◆検査では異常がでない「自律神経失調症」

病院へ行っても「検査では異常がない」場合が多く、周囲の人にはなかなか理解してもらえない自律神経失調症。

自律神経の乱れを数値化できる検査方法はありません。血液検査などでは、血液中のコレステロール値が高すぎるなど数値で結果が見れますが、自律神経失調時の身体のだるさや動悸、不眠などは自覚症状としてはあるものの数値化できない不定愁訴と言われるものです。

では、病気でなはいのでしょうか?

 

自律神経の乱れをずっと放置しておくとどうなるでしょう。

自律神経は内臓機能、血圧、呼吸などをコントロールしていますので、それらの機能が長い間低下していると当然病気になるリスクが高くなります。また、精神的なストレスをずっと感じているため「うつ病」になる可能性もあります。

検査で異常がないからといって安心する方もいれば、自覚症状があるのに検査では異常がなく不安になる人もいるかと思います。

自身の体調の変化は自分にしかわからないことも多々あります。そんな時は我慢せず、自律神経症状専門の当院へご相談下さい。

◆なぜ当院は自律神経症状に強いのか?

[一般的自律神経症状治療]

睡眠導入剤・精神安定剤・抗うつ剤・鍼などがあります。

睡眠導入剤や抗うつ剤を飲まれている方は長期間服用しているケースが多く、これでは根本的な改善にはならないと考えています。あなたは、一生薬を飲み続けますか?

 

[当院での自律神経症状治療]

自律神経の乱れの要因には、ストレス・環境の変化・人間関係・生活習慣の乱れなどがあります。それらの要因により、交感神経が働き過ぎることによって全身の筋肉が緊張を起こし、内臓機能が乱れたり、眠りが浅くなり自律神経のバランスが崩れてきます。

バランスを取り戻す上では、主に副交感神経の働きを良くしていく必要があります。

自律神経症状がみられる方のほとんどが、首肩こり・体の歪みを伴っています。

 

体の歪み(構造)が崩れていくと余計に筋肉が緊張し、自律神経が乱れるという悪循環が起こります。

すなわち姿勢や背骨のゆがみを治していく必要があるのです。(根本治療)

根本的な構造(姿勢・体の歪み)を正すことで、本来の正常な機能(筋肉の硬さ・関節の可動域・内臓・神経の働き)が回復していきます。

当院では、この構造と機能を正常にすることで自律神経症状の改善実績をあげています。




K.S様 (50歳 男性/東京都品川区)

症状:動悸・不整脈・不眠

画像をクリックすると拡大します。

T.K様 (29歳 男性/東京都品川区)

症状:動悸・耳鳴り・食欲不振

※画像をクリックすると拡大します。

T.K様 (47歳 女性/東京都品川区)

症状:不眠症・喉の不調・肩こり

※画像をクリックすると拡大します。

O.K様 (16歳 女性/東京都品川区)

症状:頭重感・原因不明の起床困難

※画像をクリックすると拡大します。

Y.G様 (16歳 女性/東京都品川区)

症状:頭痛・息苦しさ

※画像をクリックすると拡大します。

K.N様 (26歳 女性/東京都品川区)

症状:不眠症・頭痛・めまい

6年前から首肩こりがひどくなり、頭痛が毎日でるようになりました。

痛み止めのロキソニンは常備していないと不安で6年間飲み続けていました。

めまいも一日2回は必ず起こっていたのですが、これが何年も当たり前のように続いていました。

夜中も10回は目が覚めてしまい、当然毎日熟睡した気がせず身体がだるい毎日でした。

 

1回目の治療が終わった日の夜、自分でも信じられないくらい一度も起きることなく朝を迎えられました!

先生に「何年ぶりですか?」と聞かれ「6年ぶりです!」と。(笑)

それだけではなく、毎日出ていた頭痛も1週間に1回出たくらいで本当に信じられないくらい身体が変わっていくのがわかりました。

 

先生の真摯な振る舞いと治療効果で私は本当に救われました。

今まで悩んでいた症状が嘘のように改善したので、本当に同じような悩みを抱えている方にも是非通って頂きたいです。

丁寧な問診と10種類以上の検査を行うことで、

より症状や痛みの原因が特定しやすくなり患者様を根本改善に導くことができます。

 

なぜ症状が改善しないのか?

なぜ痛みを感じるのか?

 

患者様自身がその原因を知ることで自身の身体をより深く理解し、安心して施術を受けることができると考えております。

患者様にとって本当に必要な治療だけをご提案させていただきます。


筋肉をマッサージしたりストレッチをするような施術は一切行っておりません。

 

根本原因である姿勢・身体の歪み(構造)に対して治療を行っていきます。

身体の歪みを整えることで、本来人間のもつ自然治癒力を最大限に引き出すことができます。

 

身体のゆがみを整えることで、よく眠れるようになり、筋肉が緩み、関節の可動域が広がり、手足に力が入るようになり、内臓機能が高まることで食欲が沸き、便秘が改善したりとあらゆる生命にかかわる機能の向上が期待できます。


これまで都内の整骨院や治療院で15年以上の施術経験を経て、9年間に渡り都内グループ院の総院長として数多くの患者様を治療するとともに多くの治療家、セラピストの育成もしてきました。

また全国の治療家の先生向けにセミナー講師や他社様への技術指導の経験もあります。

 

頭痛・肩こり・腰痛を専門とし、あらゆる症状に悩む患者さんを診てきました。

その数は延べ28,000人を超えます。

 

豊富な知識と技術で初めての方でも安心して施術を受けられることを第一に考えております。


当院は、頭痛・腰痛・自律神経症状に悩む患者様を専門に診ております。

その理由は、日本の有訴者率(病気やケガなどで自覚症状のある人の割合)のうち肩こりと腰痛は毎年1位、2位となっており多くの人が悩まされている現状があります。
それだけではなく頭痛、うつ病、自律神経失調症を伴う人が急増しており、うつ病のその先に自殺を考える人も少なくありません。日本の年間の自殺者数は2万人を超えています。
 

人は社会で様々なストレスを抱えた環境の中で、次第に身体や精神を壊していきますだからこそ1人でも多くの人に健康な人生を送っていただきたいという強い思いから頭痛・腰痛・自律神経症状を専門に行っております。


当院は、医学的・科学的根拠に基づいて検査や治療を行っていきます。

患者様の症状や痛みを根本から改善していく為には、医師との連携が必要と考えております。

 

患者様の状態をより深く把握するために、提携先クリニックご協力のもと正しい情報の提供に務めております。

レントゲン撮影などをご希望される方、精密検査の必要がある場合は提携先のクリニックをご紹介させていただきます。

 

※当院では、レントゲン等の指示・診断行為は一切行っておりません。 



当院で対応可能な症状