椎間板ヘルニア


◆椎間板ヘルニアってどんな病気?

ヘルニアという言葉の意味は「脱出・突出」を表します。

 

椎間板ヘルニアは、背骨(椎骨)と背骨の間の緩衝作用としてクッションの役割をしている椎間板が外に飛び出ている状態です。

 

飛び出た椎間板が神経を圧迫し手や脚の痛みや痺れ、足先などの感覚消失、脚を動かせなくなることもあります。(坐骨神経痛)

 

発症しやすい年代は、20代~40代の男性に多いです。


◆椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアは、背骨の構造から前弯カーブの強い頚椎(首)と腰椎(腰)に起こりやすくいずれも痛みやしびれを伴う場合が多くあります。

頚椎の場合、第5頚椎と第6頚椎間が多く、腰椎の場合は第4腰椎と第5腰椎間が多い。

 

椎間板ヘルニアの主な原因は、椎間板への強い圧力です。

椎間板は10代を過ぎたころから老化が始まり、激しいスポーツによる負担、姿勢の悪さ、重たい荷物を持つ、中腰などの姿勢が多い、最近では精神的ストレスも深く関わっているとも言われています。

 

基本的に椎間板ヘルニアは、MRI検査によってその有無がわかります。

長期にわたる腰の痛みや激しい腰痛、手足のしびれなどがある方は、早めにMRI検査などの精密検査をおすすめいたします。

 

実は手術をしないといけない患者さんは稀で、9割ほどが手術をしなくても症状が改善すると言われています。

当院では、医師との連携のもと患者様に合わせた適切な治療計画を心がけています。


◆なぜ当院で椎間板ヘルニアが改善されるのか?

[一般的椎間板ヘルニア治療]

消炎鎮痛薬、ブロック注射、コルセット、鍼治療、電気治療、手術など

 

[当院での椎間板ヘルニア治療]

椎間板ヘルニアにの主な原因は、椎間板への圧力です。

椎間板が圧力を受ける大きな原因となるのは、姿勢の悪さや体のアンバランスによるものです。

根本的な構造(姿勢・体の歪み)を正すことで、本来の正常な機能(筋肉の硬さ・関節の可動域・神経の働き)が回復していきます。

当院では、構造と機能を正常にすることで椎間板ヘルニアの改善実績をあげています。




R.U様 (36歳 男性/千葉県松戸市)

症状:腰痛・坐骨神経痛・首の痛み

O.M様 (53歳 女性/埼玉県川口市)

症状:椎間板ヘルニア

知人の紹介でお世話になっています。

3ヶ月前から左足首付近に痛みがあり日に日にその痛みが広がり、左の足の付け根あたりから太ももにかけてしびれるような痛みが続いていました。

はじめは15分も座っていると左足にしびれが起こり長期の移動などもできない状態でした。

 

病院での検査の結果、腰椎椎間板ヘルニアと診断され痛み止めの薬を処方されて様子を見るよう言われしばらく薬で様子を見ていても一向に痛みは改善されずにいました・・・

先生の治療は腰をほとんど触ることなく、体のゆがみに対して調整をしてくれます。

5回目の施術くらいまで大きな変化がなかったのが6回目以降から徐々にしびれと痛みが無くなっていっているのがわかり、9回目の今では全く左足のしびれ感は無くなりました。

北海道旅行に行った際も1時間以上座っても問題なくなっているのを知ったときは本当に嬉しかったです。

常に痛かった首の痛みも全く消えてこの数年間色んなマッサージや整体に行ったのが無駄に思えるくらいもっと早く診てもらえばよかったと思いました。本当にありがとうございます! 

丁寧な問診と10種類以上の検査を行うことで、

より症状や痛みの原因が特定しやすくなり患者様を根本改善に導くことができます。

 

なぜ症状が改善しないのか?

なぜ痛みを感じるのか?

 

患者様自身がその原因を知ることで自身の身体をより深く理解し、安心して施術を受けることができると考えております。

患者様にとって本当に必要な治療だけをご提案させていただきます。


筋肉をマッサージしたりストレッチをするような施術は一切行っておりません。

 

根本原因である姿勢・身体の歪み(構造)に対して治療を行っていきます。

身体の歪みを整えることで、本来人間のもつ自然治癒力を最大限に引き出すことができます。

 

身体のゆがみを整えることで、よく眠れるようになり、筋肉が緩み、関節の可動域が広がり、手足に力が入るようになり、内臓機能が高まることで食欲が沸き、便秘が改善したりとあらゆる生命にかかわる機能の向上が期待できます。


これまで都内の整骨院や治療院で15年以上の施術経験を経て、9年間に渡り都内グループ院の総院長として数多くの患者様を治療するとともに多くの治療家、セラピストの育成もしてきました。

また全国の治療家の先生向けにセミナー講師や他社様への技術指導の経験もあります。

 

頭痛・肩こり・腰痛を専門とし、あらゆる症状に悩む患者さんを診てきました。

その数は延べ28,000人を超えます。

 

豊富な知識と技術で初めての方でも安心して施術を受けられることを第一に考えております。


当院は、頭痛・腰痛・自律神経症状に悩む患者様を専門に診ております。

その理由は、日本の有訴者率(病気やケガなどで自覚症状のある人の割合)のうち肩こりと腰痛は毎年1位、2位となっており多くの人が悩まされている現状があります。
それだけではなく頭痛、うつ病、自律神経失調症を伴う人が急増しており、うつ病のその先に自殺を考える人も少なくありません。日本の年間の自殺者数は2万人を超えています。
 

人は社会で様々なストレスを抱えた環境の中で、次第に身体や精神を壊していきますだからこそ1人でも多くの人に健康な人生を送っていただきたいという強い思いから頭痛・腰痛・自律神経症状を専門に行っております。


当院は、医学的・科学的根拠に基づいて検査や治療を行っていきます。

患者様の症状や痛みを根本から改善していく為には、医師との連携が必要と考えております。

 

患者様の状態をより深く把握するために、提携先クリニックご協力のもと正しい情報の提供に務めております。

レントゲン撮影などをご希望される方、精密検査の必要がある場合は提携先のクリニックをご紹介させていただきます。

 

※当院では、レントゲン等の指示・診断行為は一切行っておりません。 



当院で対応可能な症状